FAQ

FAQ


リーマ

Q.1

直刀(ストレート刃)とネジレ刃の違いは?

A.

直刃は多くの被削材に対して安定した加工が可能です。

左ネジレ
①バニッシュ効果が高く面粗度が良くなる傾向がある
②粉末の排出がスムーズ(通り穴)
③切削条件を上げやすい

右ネジレ
①切粉がシャンク側に排出されるため止まり穴に有効
②切れ味が良く切削抵抗が少ない
という特徴があります。

もっと読む

閉じる

Q.2

超硬リーマとハイスリーマの違いは?

A.

超硬リーマ
①摩耗に強く工具寿命が長い
②リーマ径に対してタイト(ピッタリ目)に仕上がりやすい
③切削条件を上げやすい

ハイスリーマ
①価格が安い
②下穴に沿いやすい
③カケに強い

という特徴があります。

もっと読む

閉じる

Q.3

テーパーリーマの下穴はストレート穴で良いの?

A.

穴の深さにもよりますが、ストレート穴だと大径部の
取り代が大きくなりすぎるため弊社のテーパーピンドリル
(TPDシリーズ)等を使用いただくか、下穴を段付き穴に
することを推奨します。

もっと読む

閉じる




カッター

Q.1

キーシードカッターとTスロットカッターの違いは?

A.

キーシードカッターは刃の外周にのみ刃が付いています。
刃数も多く、キー溝加工に最適です。

Tスロットカッターは刃の外周に加えて、先端側・首側の
三面に刃が付いています。
刃数は少なく切粉はけも良好で、T溝加工に最適です。

もっと読む

閉じる

Q.2

超硬カッターシリーズはどの程度の硬度(HRC)まで加工出来るの?

A.

加工の条件によって様々な要因があるため一概には言えませんが、
硬度の目安としては調質鋼(~HRC40)あたりまでを想定しています。
それ以上の硬度も加工できなくはないですが、折損の危険があります。

HRC60以上でも加工可能な高硬度用カッターシリーズはこちら

もっと読む

閉じる




その他

Q.1

特殊製作品はどのように依頼すれば良いの?

A.

ご注文や見積もりの際は、お取引のある販売店・代理店にご依頼ください。
工具形状の確認や加工のご相談は随時受け付けておりますので、
電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

もっと読む

閉じる

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content